可能になること

二人の手と家

住宅ローンを払えなくなったなら、任意売却を検討するべきです。
その理由として、競売によって生まれるリスクを可能な限り軽減できるという長所が有ります。…

Read More

債権者の同意

家の資料

住宅ローンが残っている物件を売却するということは、本来の所有権がまだ債権者にある状態の財産を勝手に売却するということでも有ります。
そのため、任意売却を行うにあたって必要なことは債権者との交渉です。
債権者に、競売ではなく任意売却によって返済ができないかお伺いを立てて、それが認められて初めて実行できるのがこの方法です。…

Read More

負担の軽減

売り出し中

任意売却を行った場合と、それを行わずに競売を行った場合と、明らかに大きな違いとしてのしかかってくるのは残債務の扱いです。
競売の場合、住宅ローンの残債務が売却価格を差し引いても残った場合、その返済は一括払いとして行うよう求められます。
住宅ローンすら払うことができないのに、残債務を一括で払うということが出来るわけがないのは自明の理で、多くの場合そのまま自己破産になるケースを歩みます。
しかしながら、連帯保証人がある場合はそう簡単に自己破産ができずに、にっちもさっちもいかない状況となることが有ります。…

Read More